読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日がちょっと楽しみになる(かもしれない)BLOG

近頃は1人カラオケネタが多い、日本マニアック協会札幌支部長のブログ。

歌える曲が見つからない… ~1人カラオケ曲名50音勝負 第5章~

マニアックな話題 レポート的なもの カラオケ

”To be, or not to be, that is the question."

(生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ)
 
 
開始から3時間になろうとする中、のどのコンディションも低空飛行。
単純作業である曲探しもだんだんめんどくさくなってきた。
しかも「これだ!」という曲が見つからない…。
そんな中、私Kouが下した決断とは!?
 
★変わらぬコンディション★
次の曲は「そ」で始まる曲。
あいかわらずのどの調子は冴えない。
前日も歌い歌いしていたのだが、帰宅したのは午前3時ころ。
そんななかで、こんなチャレンジをしようというのだから無謀と言われても反論の余地はない。
 
気づけばここまで3時間近くが経過している。
煙草に火をつけ「よくぞここまでやったものだな」と自分で自分をちょっと認めてみる。
 
そんなことをしたところでのどの調子が良くなるわけでもないのだが…
 
 
★地道な曲探し★
「そ」で始まる曲がすぐには浮かばなかったので「そあ」「そい」「そう」…と入力して検索を続ける。
このチャレンジを始めたときからとっている方法である。
至ってワンパターンで地味ではあるが、この方法でいくと頭の中で考えていては思いつかなかった曲も見つかるので結局これがベストの方法なのだ。
しかし開始から相当時間が経ち疲れも出て来るとだんだんと面倒くさくなり、曲を見つける集中力も落ちてきた。
 
そんな中、「卒業」にまつわる曲に当たる。
 
「卒業」(尾崎豊
「卒業」(斉藤由貴
「卒業写真」(荒井由実
 
どれもところどころのフレーズはわかるものの、曲の全体を把握し切れているかといわれれば自信はない。
尾崎豊はなんとか完唱できるかもしれない感じはあったものの、どこかで不安がぬぐいきれない。
とりあえずは候補としておき、引き続き曲探しに戻る。
 
 
★「これなら歌える!」が見つからない★
「ここで終わりなのか?」
そんなことが頭をよぎる中、曲探しを続ける。
 
しかし、見つからない。
「これなら歌える」という曲が見つからない。
 
「まずいぞこれは…」
 
「そま」「そみ」「そむ」…
検索ワードも尽き果てようとしている。
 
「何か見つかってくれ」
 
………。
 
その思いもむなしく、結局「これだ!」という曲を見つけることはできなかった。
 
 
★決断★
そして
「卒業」(尾崎豊
が残った。
 
さてどうしたものか…
 
「何とか歌えそう」という感触と「うろ覚えな部分もありそう」という不安が入り混じる。
 
「どうしよう」
「どっちをとるか」
「のどのコンディションは良くないがもうちょっと続けたい」
「いや、納得できない中で歌うのは後々心残りになりそうだ」
 
歌うべきか歌わざるべきか、それが問題だ…
 
 
……
 
………
 
そして、決断。
 
 
今日はここまで。
 
 
最終的に、納得して歌えるかどうかが決定打となった。
歌っていて不安の方が大きい歌は歌わない方がいいなと。
迷う中で「モヤモヤをあとに残したくない」の思いを捨てることはできなかった。
 
残念な思いも無くはなかったが、緊張が解けてホッとしたというのが正直な感想だ。
納得して決めたことなので安堵感が勝るのは合点のいくところだ。
 
そんな開放感の中、歌いたい歌を2,3曲軽めにやってモヤモヤ感を発散をさせてから店を後にした。
西日が傾き始めた外の空気が頭の中の空気をリフレッシュするようで心地良かった。
 
 
★決断のあと★
これで次回は「卒業」の中身を再確認して歌うか、あるいは「そ」で始まる歌を改めて探して歌うか、どちらかを選択したうえで再スタートという格好になった。
 
後日、「そ」で始まる歌が他に何かないか検索してみた。
「『そ』で始まる歌」などで検索するとカラオケメーカー以外のサイトでもたくさんヒットした。
「そ」で始まる歌は何があっただろうかとブラウズしていくと…
 
!!
 
ああっ…!それがあったか…。
これなら歌えた…。
 
「どうして見落としてしまったんだろうか…」
 
決断したことによってもたらされるものはいい結果ばかりではないということだ。
 
そうは思いつつも次のスタートラインが決まったことに安堵する。
 
そんなわけで次回は「あの曲」からスタート。
 
ではまた~
 
↓ここまでの履歴↓

f:id:mattaripanda:20150705153439j:plain