読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日がちょっと楽しみになる(かもしれない)BLOG

近頃は1人カラオケネタが多い、日本マニアック協会札幌支部長のブログ。

激闘!1人カラオケ曲名50音制覇の道 ~第2章 「カ行の苦行」~

こんにちは。Kouです。
 
レパートリーの少ない私が、好きなときに好きな歌を歌えない。
自由なはずの1人カラオケに「縛り」を課して挑戦する、
 
「激闘!1人カラオケ曲名50音制覇の道」

 

今回の記事は「お」からスタート。

 

その前に、改めてルールの説明を。

 

1、タイトルが「あ」で始まる曲から順番に1音1曲ずつ歌っていく(ちなみに「は」と「ば」と「ぱ」は「は」に含める)

2、同一アーティストの曲の複数回歌唱禁止。(ただし、同一人物別名義はOKとする)

3、歌える曲がないときはその日はそこで終了。何か1曲歌えるようにしてから後日再開。(たとえば「ま」でつまずいたら、タイトルが「ま」で始まる曲を選んで練習。後日、その曲から再開する)

4、事前の練習やイメージトレーニングはしない(笑)。(出たとこ勝負の予想できない展開を楽しみたいので)

以上です。

 

さて、どんな展開になりますやら…
 
 
 
★「お」★
前回も書いたんですが、前日にも歌っているのでコンディション的に微妙だったんです。
で、その影響が地味に出だしてきちゃったんですね(苦笑)
 
たま~に歌うことがある「踊り子」(村下孝蔵)とか、昔ちょこっとだけ歌ったことのある「Oh! Yeah!」(小田和正)といったところが頭に浮かんだのですが、このコンディションの下で挑戦するにはちょっとハードルが高いなと。
なのでこの2曲は候補から外すことに。
 
で、いろいろ探していくと…
 
ありました!
 
 
のどにやさしい音域の歌が。
 
 
これならいけるかも。
 
 
 
 
歌ってみるとサビが意外に高い!(私にとっては)
でもなんとか完唱。
 
昔は歌詞の意味とかあんまり考えないで聴いていましたけど、こうしてあらためて向き合ってみるとすごく哀愁が漂うストーリーで、歌っていて何だか気分が下向きになりそうでした(^-^;)
 
なにはともあれ「お」クリア。
 
 
 
★「か」★
「お」で若干テンションが下がり気味になってしまったので、「か」で持ち直したいところ。
 
「これだ!」という曲があっさり見つかりました!
 
遠い過去に某胃薬のCMで使われていて、風にそよぐ木々の映像と共に透明感のある音が子供心に「いい曲だなあ」と思わせた曲です。
 
つい1,2年くらい前まで記憶の底に埋もれかかっていましたが、Youtubeで発見した時はもう「そうそう!これこれ!うわ~なつかしいなあ」と感激しました。
 
その曲がこちら。
 
 
「風になれ ~みどりのために~」(谷山浩子
 
 
Youtubeで再会したのちはカラオケでも時々歌うようになりました。
あの透明感を表現できるわけではないですが、ふと歌いたくなるときがあります。
 
「か」、クリア~。
 
 
 
ここまでの履歴です。

f:id:mattaripanda:20150705153502j:plain

 
 
 
★「き」★
今回のチャレンジで気が付いたことなんですが、カ行ってあんまり曲がないんですよね(あくまで私のイメージですが)。
この「き」もそうなんですが曲のタイトルにつきそうな「き」で始まる言葉、何があるかと探してみると、
 
「KISS」
「今日」
「昨日」
「君」
「希望」
 
あ、なんだかんだ言いながら結構ありますね(^-^ゞ。
 
まあ、あくまで「私が歌えるかどうか」という基準で見ていますんでね、厳しいことは厳しんですよ(笑)。
 
で、そのなかから「KISS」で始まる曲をチョイスしました。
むか~し、友人たちとカラオケに行った時にこの曲を歌ってサビに入るところで履いているスリッパを蹴り上げて飛ばすということをやっていたのですが、なぜそんなことをしていたのかいまでも理由がわからない…
そんなことを思い出した一曲。
 
「KISS ME」(氷室京介
 
前日の影響なのか音域的にはこなせるのに、高音ではちょっとキツく感じました。
 
なんにせよ、「き」クリア!
 
 
★「く」★
ここにきてさすがにちょっとマギーにも飽き気味。
映像を見て「これさっきも見たよ~」というものが増えてきました。
 
本題。
のどのコンディションもあまり良くないのでしばらくは音域的に楽な曲を選ばないと…
 
「く」で探してもピンとくるものがなかったので、「ぐ」でも検索。
「good」で始まる曲は結構あって、「good times & bad times」(小田和正)は私も歌える曲なんですが、高音域がきついうえにオクターブを下げると歌っていても何だかつまらない。
他を探してみてこれといったものが無かったら歌おうととりあえずキープ。
 
「ぐ、ぐ、ぐ、…」
 
おお!これがあった!
 
これならばっちり大丈夫!
音域的にも守備範囲内!
 
「群青」(谷村新司
 
久々でしたが、気持ちよく歌えました(^-^)
 
ルール上、ここで谷村新司を繰り出したので「昴」などは×になりました。
でも、アリスはOKなのでまあ何とかなるんじゃないかと根拠もなく楽観視。
 
「く」、クリア!
 
 
★「け」★
選曲中のインターバルと中音域の曲を選んでいることで喉のケアをしているとはいえ、やっぱりキツイ!
でもこんなことでへこたれてはいけないのであります!
 
Get Wild」(TM NETWORK
 
テンポは速いし音域もキツイ。
でも歌えるのがこれくらいしかなかったので、いっぱいいっぱいながらも完唱。
 
でも、のどのコンディションはさらに悪化したのでありました(笑)。
 
ある程度進んできましたが、これまでの履歴を見ていくと読者の皆さんには私の年代が大体想像がついてきたのではないかとちょっと気になりだしました(笑)。
レパートリーが広ければ年代を適当に散らして煙幕を張れるところなんですが、狭いとそうもいきませんね(苦笑)。
 
な~んてなことを考えてみたところでしょうがないこと。
べつに年代がばれてもどうってことないし(-。-)y-゜゜゜
歌える歌をひたすら歌っていくのみ!
 
「け」、クリア~。
 
 
★「こ」★
と、行きたいところですが、またもや長くなってきたので今回はここまで!
 
ではまた~