読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日がちょっと楽しみになる(かもしれない)BLOG

近頃は1人カラオケネタが多い、日本マニアック協会札幌支部長のブログ。

激闘!1人カラオケ曲名50音制覇の道 ~その1 「出発」~

こんにちは。Kouです。

 

ついにスタートさせてしまいました、

「1人カラオケ曲名50音制覇の道」

 

先日、札幌市内の某カラオケ店に行ってまいりました。

 

コンディションはまずまず。
前日もちょっと歌っていたので若干疲れ気味(笑)。

でもまあ、何とかなるでしょう。
根拠はないけど。

 

本題に入る前に改めてルールの説明を。

 

1、タイトルが「あ」で始まる曲から順番に1音1曲ずつ歌っていく(ちなみに「は」と「ば」と「ぱ」は「は」に含める)

2、同一アーティストの曲の複数回歌唱禁止。(ただし、同一人物別名義はOKとする)

3、歌える曲がないときはその日はそこで終了。何か1曲歌えるようにしてから後日再開。(たとえば「ま」でつまずいたら、タイトルが「ま」で始まる曲を選んで練習。後日、その曲から再開する)

4、事前の練習やイメージトレーニングはしない(笑)。(出たとこ勝負の予想できない展開を楽しみたいので)

以上です。

 

さて、どんな展開になりますやら…

 


★「あ」★

とりあえずリモコンでどんな曲があるかを検索。
文字を入れると画面の右側に該当する曲の一覧(おそらく歌われる頻度の高い曲の上位何曲か)が表示されるのでその中に歌えそうな曲があるかを探します。
「ああ」「あい」「あう」…と2文字目を入れ替えながらこの作業を繰り返していきます。

 

「あ」で始まる歌は結構ありますね。
「ああ、~」や「愛~」だけでもかなりの曲数です。
その他「明日」とか「あなた」とかいろいろ。
選択肢は多そう。

 

さて、何にするか?

 

歌える歌はいろいろあったのですが、結局これにしました。

 

「あゝ人生に涙あり」(里見浩太朗横内正

 

そうです、水戸黄門

 

「これからどんなことが待ち受けているのか?」
「楽ありゃ苦もあるのか?」


くだらないチャレンジのはずなのに、歌いながら妙に身の引き締まる思いがしました(笑)。

 

「あ」、クリア!

 


★「い」★

さて今回使用した部屋の機種はDAMでした。
DAMでは何も曲が入っていない時に「DAM Channel」という、MCがアーティストにインタビューをするスタイルのコンテンツが放映されています。

 

 そういえば昔は関根麻里がMCをやっていたなあとふと思い出す。

現在はマギー。12代目だそうです。

つい見入っちゃいますね(*^-^*)。

 

さて、「い」。

リモコンに「い」と入れてみると、

 

候補一覧に出ました!

 

私の指定強化曲、

 

「射手座の女」(敏いとうとハッピー&ブルー

 

やっぱりこれは歌っておきたいなとあっさり決定。

 

ちなみにこれ、本人出演映像が出るんですが、敏いとうがいい味を出しすぎています。

敏いとう、最高!

 

で、前日の疲れが尾を引いているのか思うように声が出ない感じを持ちつつも、

「い」、クリア!

 

 

★「う」★

 DAM Channelを、というかマギーをチラ見しながら選曲作業(笑)。

 

「うそ」「うた」「うみ」。
英語では「we」や「winter」が付いた曲が多いですね。

 

歌える曲なさそう…

 

と思ったところ、見つけました。
これならできる!

 

WON'T BE LONG(DA BUBBLEGUM BROTHERS

 

昔はよくカラオケで歌ってました。

歌うのはいつ以来か思い出そうとも思わないくらいのご無沙汰です。

 

近年ではEXILE倖田來未などがカバーをしているそうで、私、全く知りませんでした(^-^ゞ。

 

こんなに音高かったかなとちょっと苦戦しながら、

「う」クリア!

 

 

★「え」★

「え」ってあんまりないんですよ。

 

いや、あるんですよ。

 

栄光の架橋」(ゆず)

「Everything」(MISIA

とか。有名どころはね。

 

だけど、私が歌えるかどうかという視点に立つと「え」で曲を探すというのはちょっと大変になってくるんです。

 

正直、ここで本日の「GAME OVER」なのかなとちょっと焦りました。

ここで終わってしまうのはいくらなんでも早すぎるだろう、と。

 

何か歌える曲はないか?

 

「えあ」「えい」「えう」と上から探すのとは逆に「えー」「えん」「えわ」と下からも探してみる。

 

………!

 

見つかりました。

 

「えま」で歌える曲を発見!

 

昔、バイト先でこれでもかというほどに有線で流れていたので自然と覚えてしまいました。

 

「Emergency」(米倉利紀

 

都会的で軽快なリズムと「あ」母音のたたみかけが印象に残る一曲。

サビが2部構成(?)になっている展開もユニークです。

 

前の「WON'T BE LONG」でちょっと喉がやられたあとでのこれはきつかった…(^-^;)。
昔はもうちょっと歌えたはずなのにと、軽く凹む。

 

「え」、何とかクリア!

 

 

★「お」★

と、この先も続くんですけど、ちょっと長くなってきたので、今回はここまで!

 

ではまた~