読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日がちょっと楽しみになる(かもしれない)BLOG

近頃は1人カラオケネタが多い、日本マニアック協会札幌支部長のブログ。

激闘!1人カラオケ曲名50音制覇の道 ~プロローグ~

マニアックな話題 レポート的なもの カラオケ

こんにちは。Kouです。

 
前回投稿に書いた「初めて1人カラオケ」。
 
その感覚の新鮮さを味わいながら、ふとリモコンを見てあることを考えました。
 
 
「履歴で何か面白いことができないか?」
 
 
「履歴に並んだ曲名や歌手名で、自分の後に入室した人たちに何らかのインパクトを与えることができないか?」
 
 
ネットを調べてみると「同じ曲を何曲も続けて入れる」「曲のタイトルで文章を作る」などなど、ユニークな試みがいろいろとなされているようです。
 
履歴で面白いことをしようとする人ってやっぱりいるんだなあ…。
 
 
でもなあ…
 
 
私がやるからにはもっとマニアックに楽しみたい。
 
もっと面白いことはできないか?
 
もっとマニアックなことができないか?
 
 
そうして行きついた結論が
 
 
「1人カラオケ曲名50音制覇」でした。
 
 
ネットを調べてみると、実際にやっている人はちらほら見受けられます。
 
が、
 
私がやるからには何か一ひねり加えたい!
 
行動指針の一つに「くだらないことに一生懸命」を掲げる日本マニアック協会の会員であるならなおさら何かにこだわりたい。
 
で、
 
考えた結果、以下のルールを設定してチャレンジしてみることにしました。
 
1、タイトルが「あ」で始まる曲から順番に1音1曲ずつ歌っていく(ちなみに「は」と「ば」と「ぱ」は「は」に含める)
 
2、同一アーティストの曲の複数回歌唱禁止。(ただし、同一人物別名義はOKとする)
 
3、歌える曲がないときはその日はそこで終了。何か1曲歌えるようにしてから後日再開。(たとえば「ま」でつまずいたら、タイトルが「ま」で始まる曲を選んで練習。後日、その曲から再開する)
 
4、事前の練習やイメージトレーニングはしない(笑)。(出たとこ勝負の予想できない展開を楽しみたいので)
 
 
2番目以降が「ひとひねり」です(3つだけど)。
 
1人カラオケなのに選曲の自由に制限付与!
 
2番目で「選曲に困ったら好きなアーティストの歌を歌えばいいや」という逃げ道をふさいでいるのもポイントです(笑)。
 
「タイトルに『激闘!』なんてずいぶん大げさな」と思われた方、
 
これらの「縛り」こそがまさしく「激闘」たるゆえんなのです!
 
 
あっけなく終わるのか?
はたまた終わりの見えない長い旅路となるのか?
 
レパートリーは特別広いわけではなので、正直、このルールでどんな展開が待ち受けているのか想像がつきません。
 
とりあえず、やってみます~