読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日がちょっと楽しみになる(かもしれない)BLOG

近頃は1人カラオケネタが多い、日本マニアック協会札幌支部長のブログ。

はじめて「1人カラオケ」をしてみました。

レポート的なもの マニアックな話題

おひさしぶりです、Kouです。

しばらくネタがなかったので書いていませんでしたが、久々にネタになりそうなことがあったので執筆。

先日、1人カラオケを初めてしてみました。
一度行きたいと思っていた飲食店に行ってみたら準備中の札がかかっていて、想定外に時間が出来てしまったからで、「ならばせっかくの機会だし」と決行!

 

★私と1人カラオケ★

1人カラオケは何年も前からあるもので今更特に目新しいものではありません。
私も長い間なんとなく興味はありながらも実際に行動に移すほど「してみたい」とは思っていませんでした。

ところが、最近ふと歌いたい欲求が時々湧いてくるようになったんですよね。

なんでなのか?

昔はそれなりにカラオケに行く機会はあり、「歌いたいなあ」と思っている曲があっても友人知人からカラオケの誘いがちょこちょことあったので割と早く実行に移せたんですね。

が、歳と共にだんだんと行く回数が減っていく中で、歌いたいあるいは歌ってみたい曲があっても機会に恵まれなくなってしまいました。
それが歌いたい欲求を増幅させることになったのかなと思います。

 


★いざ入店!★

てなわけで、市内中心部にある某カラオケ店に入店!

10分ほど待って受付を済ませ、部屋へ。
一人だからといって狭い部屋は嫌だなあと思いましたが、4~5人くらいが入れる部屋に通され一安心。

 

f:id:mattaripanda:20150530171345j:plain

一人だ。

普段のカラオケでは周囲に気兼ねして断念した歌も歌える!

練習したい曲をしっかり練習できる!

選曲も時間も自分の自由!

ちょっとワクワクしてきた!(^^)!

 


★まず何を歌うか★

さて、何を歌おうか?

せっかくの1人なので私の好きなアーティストの若干マニアック目の曲から入る。
普段のカラオケでも場の空気を見ながら、「ここでなら歌ってもいいかな」と思った時に時々繰り出している曲。
でもやっぱり、一人だと気兼ねしなくて良いのが◎!

次に、もう一曲同じアーティストの曲を。
CD等ではよく聞いているが歌うのは初めて。

こちらも何とか無難に行ったかな?
でも、もうちょっと練習が必要かも。
(とはいえマニアックな曲なので人と行くカラオケで歌うことはないと思うけど)

 


★指定強化曲を練習★

ここで、「強化指定曲」の練習をしなくてはと思いだす。
何だかもっともらしい言い方だけど、何のことはない「歌えるようになりたい曲」のこと。

以前、人が歌っているのを聞いて、「これは是非レパートリーに加えたい!」と思っていた曲。

「射手座の女」(敏いとうとハッピー&ブルー

結果、予習の甲斐あってまあまあの出来と自己評価。
でも、まだまだムーディーな感じを出せそうだと思い、次回以降も引き続き強化指定曲としてレベルアップを図ることにする。

 


★昔、うまく歌えなかったあの曲を★

お、そうだ昔チャレンジしてあえなく撃沈した曲に再チャレンジしてみるか。
もしかしたら今ならうまく歌えるかもしれない。

「DESIRE」(中森明菜
「CAT’S EYE」(杏里

…やっぱりだめだった。音域の広さに対応できず、2曲とも途中で「演奏中止」。
好きな曲なんだけどなあ…。
自分の中では永久にお蔵入りかも(+o+)

 


★ちょっと久しぶりの曲も確認の意味で★

「make-up shadow」(井上陽水
「嘘つきダイヤモンド」(井上陽水

「make-up」はOK。
「嘘つき」。音域的にはぎりぎりなのはいつもの事。リズム感が半分忘れかけていたので終始伴奏に追い立てられるような感じになってしまった。
改めて聞き込めば感覚は思い出すかも。

 


★何で締めるか?★

さて、開始より1時間をちょっと経過。
もっと歌いたかったんですが、次の予定があったのでそろそろ締めなければ。

何で締めるか?

結局、何だかもう一回行っておきたいなと思い、最初に歌った曲で締める。
やっぱり好きなんでね。
好きな曲は1回に2度歌っても飽きないものです。
(3度だとちょっと飽きるかも)

 

 

★ふりかえり★

そんなわけで、初めての1人カラオケを終了したわけですが、一言で感想を言うならば「淡々と進んだ」というところでしょうかね。

1人カラオケの最大のメリットである「自由」は確かにあったんですが、「存分に堪能した」とは特に思いませんでした。

たぶん、普段のカラオケでも他の人が歌っている途中に曲を探したり、モニター画面を見ていたりと割と自由に過ごしているからその自由を感じづらいのかな?たぶん。
(あ、別に他人の歌に興味がないという意味ではないですよ(^-^;))

帰りに支払いをするときに男性客が一人受付をしていて、終わるなりそのまま誰かを待つでもなく部屋に向かっていく光景を目にしました。
1人カラオケをしている人って案外多いのかも。

そうそう、あと注意しなければと思ったことがあります。
それは、歌ったり曲を探したりと自由を謳歌するあまり、気が付いた時には飲み物の氷が融けて水っぽくなってしまうこと(+o+)。
皆さんも気を付けましょう。

そんなこんながあった1人カラオケでしたが、また近々行ってみたいものです。
そう、強化した「射手座の女」を歌うべく…

ではまた~