読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日がちょっと楽しみになる(かもしれない)BLOG

近頃は1人カラオケネタが多い、日本マニアック協会札幌支部長のブログ。

立ち止まってひと休み

マニプレSAPPORO レポート的なもの

こんにちは。Kouです。

マニプレSAPPORO開催に向けての行動をしばらくお休みしています。

ただ、何も書かないと「マニプレSAPPORO」を止めるのかと思われてしまうので、消息報告的な感じで何かを書こうと思います。

ふと、だいぶ前に買って少し読んだだけで本棚の肥やしになっていた、「コミュニティデザイナー山崎亮とゆくコミュニティデザインの現場」(渡辺直子・著、 繊研新聞社)を久々に開いてみました。

おしまいの方に「コミュニティデザイナー」はこうあってほしいといったことが書かれているのですが、その中で目に留まった一文があったので引用しますね。

「音を上げることは悪いことでもなんでもない。もう駄目だと思ったら離れたり、休んだりしたらいい。そして回復したらまた戻ってくればいいし、違うことをすると言うのならそれでもいい。この仕事と別の仕事をかけもちするのも構わない。」

山崎氏がこのように言うということはコミュニティデザインという仕事がどれだけ大変なものかがわかろうというものです。
と同時に「休まないで歩け!」ではかえって行き詰ることも読み取れます。

続けていくためには休んだり離れるのも大事なんだということですね。
とても共感します。

ここ最近いろいろなことを考え疲弊している中なので、読んでいてなんだかホッとしました。

何事も順風満帆スムーズにいくわけではありません。
壁にぶち当たることやうまくいかないことも当然出てきます。

そうした時に何が何でも走り続けるのか?あるいはいったん立ち止まるのか?

どっちが正解ということはありません。

その時その時で「どちらを選べばよいのか?」の答えは変わると思っています。

マニプレSAPPORO開催への道のりのなかで、今まではちょっとハードだなと思っても少し頑張って走ってきました。

ただ、今回は立ち止まることが必要かと思ったので、そのようにしています。

その中で上記の文章に触れたので「やっぱり立ち止まってもいいんだ」と確信を得ることが出来ました。

引き続き、立ち止まります。

できればマニプレSAPPOROのことを一時的に完全に頭から外してリフレッシュしたいとも思っています。(繰り返しになりますが、マニプレSAPPOROを止めるわけではありません)

また筆を執る気持ちになったら書きたいと思います。

期待・応援していただいている皆さんには申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただけますようお願いします。

ではまた。